OHANA通信

Mさんの2年通ってみての感想 

こんばんは。
お店に通い出して2年になるMさんの歓びをあげていきたいと思います。
お店に通い出す以前のMさんは仕事の激務と人間関係のストレスで身体が段々動かなくなり、仕事を辞めざるおえなくなり、ついに歩くことすらままならない状態になりました。病院に行っても「検査は異常なし、精神的な理由では?」と精密検査をしても異常がどこにも見つからず「病院に見放された」と受け止め、どこに行っても状況が変わらず途方にくれていいたそうです。そんな時にうちのお店に通っていた友達から声をかけられお店に来てくれました。
お店の始めて来た時は『どこに行っても話を受け止めてもうえなかったこと』『もう死ぬんじゃないか』というお話をして下さり絶対に改善する道がここにあることを話しをすると泣き出してしまったのを今でもよく覚えています。

それからは毎日のようにお店に来てくださって周りの人たちに励まされながた、『骨に圧をかける』という今まで聞いたことのないやったこともないトレーニングを汗びっしょりになりながら懸命にトレーニングに打ち込んで頂きました。
毎週、毎週変わるテーマに最初はついていくのは本当に大変だったと思います。それでも、毎日筋肉痛になりながら通い続け今では普通に歩くことができて、普通に買い物いくことができるようになりました。
今、Mさんは心の底から普通に暮らせる歓びを感じていらっしゃいます。

Mさんに直接お話を聞いたときの動画はこちらです。↓↓

僕自身、病院に見放され、どこにいっても治らないケガをした経験があります。絶望の淵に立った経験があるからこそ救いたい、導きたいとMさんに初めて会った時に思いました。そんな想いもあり、僕自身も懸命に指導できたと思います。今Mさんが身体が動くようになりいきいきと生活していることは自分のことのように嬉しいです。

こういう経験ができるのもトレーナーとしての醍醐味の一つかなと思います
これからも自分のことは横に置いてお客様に寄り添い、體からだの可能性を最大限引き出す縁になっていきたいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

OHANA通信

  1. 4月の體からだ作りイベント「腕と足の仕組み作り」  腰痛や肩痛の方必見

    今月は腕と足の仕組み作りを行いました。
  2. 「顔」を変えることで人生を変えていく人たち

    2月下旬から4月の頭にかけては『顔』をテーマにからだ作りを行いました。
  3. 感じたことから出発する

    今日は最近思うことをブログにしたいと思います。