OHANA通信

走ることが好きな利用者様への今日の指導

こんばんは。

50代の男性の話。
走ることが大好きで週末になるといろんなところに行く方。
しかし、身体のいろんなところを痛め続けた今までの話を聞かせて頂きました。

その方の中心には「頑張ればなんとかなる」っという想いが強くカラダを痛めても練習計画はできる限り変更しないそれで

結果をだしてきていました。だからこそこれが正しいっと

しかし、骨格の仕組みを使った體作りを紹介していくと衝撃を受けていました。
こんなところに力が入るんだ!こんなにも力感なく足が前に出る。
何よりも體が楽だといっていました。

今まで自分のやりたいように計画を立てて自分のやりたいように練習をしてきた。

自分の身体の状態をわかっていなかった、身体の声を聞いた上での計画を立てれていないと話してくださいました。

それだけではなく

走る動作を移動している時間と地面に力を伝えている時間を分けてトレーニング方法を提案することに驚いていました。
筋肉をほぐして走りの中での技術の鍛錬、心肺機能の鍛錬だけではカバーできない部分があることに気づいて頂けました。

本当の意味で走ることの楽しさ、自分が秘めている體の力を引き出せるように僕も精進していきたいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

OHANA通信

  1. 1年利用して頂いた感想

    プールのインストラクターをしている利用者様以前は親の介護とプールのインストラクターの仕事でと...
  2. 9キロの減量に成功

    1年通ってくださった利用者様。1年間通い続け9キロの減量に成功しました。
  3. カラダが変わり笑顔が増える。

    先ほど利用者様から嬉しい報告Aさんが職場で明るくなった、とても元気ではつらつと仕事をしている...