OHANA通信

体験者の声

こんばんは。
本日体験に来てくださった方のお話。

両ひざを若い時に痛めてしまい、手術を繰り返していました。
膝が良くなれば元気なんですけど、、、

っとおっしゃいましたが身体は川の流れのようなもの

川のように流れ流れて常に変わっていくからこそ『カラダ』を守られています。
積止められている場所が一つあると全体の流れが変わります。
中心に向かって流れていた【求心力】カラダが外へ向かって引っ張り合う【遠心力】カラダになってしいまいます。

遠心力は中心がしっかりしているからこそなせる技。
中心がないのに外にベクトルが向かうとそれは引っ張り合いが起きて耐えるカラダになってしまいます。
そうです、一部分の手術をしても原因が取り切れていないのです。
競技者はベストなパフォーマンスを発揮できないし、一般の方も同様で楽に生活ができなくなってしまいます。

今回来店された方はまさに川の流れが淀んでカラダの引っ張り合いが起きていました。
特に踵と肩の引っ張り合いが強く代償行為で背中と膝関節に負担がきていました。

トレーニングは色んなパーツの力の向きを背骨にむかわせるようにします。早速トレーニング開始!

踵を足の甲や大腿骨へ力の向きが向かうようにエッホエッホ
肩が下がるように背中に力入れてエッホエッホ

歩いた時に自然に足が前に出る感覚
階段を踵と股関節の引っ張り合いで膝を上げていたのが踵と大腿骨が膝へ力のベクトルが向かうから膝がたたむ感覚

そうなんです。膝を上げるからたたむ感覚へ変わっていきます。

とても驚いていっらっしゃいました。

嬉しい嬉しい【^^】

痛みが一度出ると力の矢印が外へ飛び交います。
カラダの中で引っ張り合いをしてしまいます。その中で筋肥大をさせるとカラダはどんどんいうことを聞かなくなります。

これからいろんなパーツの力の向きを背骨へ向わせます。
安心感のあるカラダ、ホッとできるカラダを作っていこうと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

OHANA通信

  1. 通い始めて3か月Sさん

    こんにちは。今回は当ジムを通い始めて3か月のSさんの話を掲載します。
  2. イベントのお知らせ

    僕の師である小栗先生をお招きして12月23日日曜日にカラダ作り教室を行います!時間 1部10...
  3. 通いだして4か月Kさんの話 ~膝の痛み改善~

    こんばんは。今日は当ジムを利用して4か月のKさんに話を聞かせて頂いたのでそれを掲載していきます。